子どもが受ける包茎手術の料金

子どもが受ける包茎手術の料金は基本的に大人と同様

子どもが包茎手術を受ける場合、気になるのはその料金ですが、結論からいえば大人料金とそれほど変わらないです。
理由は包茎手術の料金体系が大人と子どもで分けられていないことが殆どで、子どもも必然的に大人の料金が適用されることにあります。
つまり、子どもであっても包茎手術は大人と同じ料金を支払わないと、受けることができないことを意味します。
そもそも包茎手術の料金は、病院やクリニックごとに決められている料金体系、金額に基づいて費用が算出されます。
保険適用外の自由診療ですから、料金はまちまちで驚くほど高いこともあれば、思いの外安く感じられることもあるでしょう。
結局のところ、包茎手術でいくら掛かるかは実際に病院やクリニックに足を運び、カウンセリングを受けて見積もりを出してもらうまで分からないです。
良心的な病院やクリニックは、包茎手術を含めて料金表を公開したり、費用の目安を提示しているので参考になります。

子どもが受ける包茎手術料金の目安

子どもが受ける包茎手術は、料金に着目すると大人料金が目安となります。
包茎手術は包茎の種類にもよりますが、例えば仮性包茎だと10万円くらいの料金で手術が可能なことが多いです。
10万円でも実は高い方なので、実際はもう少しやすく、8万円や7万円といったところが少なくないです。
安さをウリにしている病院やクリニックであれば、5万円台で仮性包茎手術が受けられる可能性があります。
真性包茎のように、放置すると重大な病気に至る恐れがある場合は、保険の適用が認められることに期待できます。
仮に保険適用で真性包茎手術となったら、料金は3万円台かそれ以下に抑えることができるでしょう。
病気のリスクの心配がなく、機能的にも問題がない場合の包茎手術は、見た目を気にして受けることが殆どです。
このような包茎手術は、料金が10万円を超えることもありますし、15万円や20万円に達することも十分に考えられます。
しかし、どれだけ高くても総額が30万円以上になるケースは多くないので、上限はこのあたりだと捉えることができます。

まとめ

子どもの包茎手術は料金が気になる要素の1つですが、大人と同じ料金が適用されると考えてほぼ間違いないです。
子ども向けの料金体系がある病院やクリニックでも、大人の料金と大きく掛け離れた金額を提示する可能性は低いでしょう。
というのも、包茎手術は求められる知識や技術が専門的な上に、麻酔なども省略できず、掛かる費用が大人と子どもで変わらないからです。
確かに、麻酔の使用量や痛み止めの処方量には違いが出るかもしれませんが、それが料金に影響するかは微妙なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。